Seki-Show Diary

気にしいオジサンがたまに更新する日記

17.12.17 榛名山(掃部ヶ岳)

全く予定外の榛名山でゆるーくハイクしてきました。

 

仲間のYUから「週末山行かないの?」の問いかけに、いつものマサ、しゅーちゃんとの4人でハイクに行ってきました。
なんとYUは8月に行った木曽駒ヶ岳以来という・・・

最初に候補に挙がったのは、竜ヶ岳か雲取山。でも、何だかんだして誰かが赤城山の霧氷の写真を持ち出し、全会一致で赤城山に決定!

関越道の前橋ICで降り、朝焼けで綺麗なグラデーションになっている空を見てテンションがあがります。
でもふと見ると、赤城山には不穏な雲が・・・

一応駐車場まで上がってみると、冷たーい風と雪、そしてマイナス13度予報に、オジサンだし無理して登ってもつまらん!との事で違う山を考えます。
で、練りに練って出た代替案は、時間も時間だし、サッと登れそうな秩父の丸山。
それではと、赤城山を下りていきました。
が、そこでふと目に入った山、榛名山。「あ、榛名山でいいじゃん!」と・・・
そう、ここでやっと今回のタイトルでもある「榛名山」に行くことになったわけです。

登ったのは榛名山の最高峰、掃部ヶ岳(かもんがだけ)だけ。。という、スーパーゆるゆるハイク。
駐車場に9時30分ごろ着きました。他に車は1~2台でしたか。

先ずは、硯岩を目指します。

オッサンハイカーにはちょっと遅い出だしですが、距離も短いしゆっくり登ります。

こんな撮影会をしながらw

これ女子のやつじゃね?w

硯岩に到着。結構いい眺め!

駐車場から見えた↑ここですね。

崖でちょっと怖かったっす。

そして掃部ヶ岳へは、階段登り。
丸太がつるつる滑って登りづらし。

帰りにちょっと分かりずらかった、三叉路の分岐。

この撮影後、YUは腹痛のため先を急ぎました。
最近はあんまり山に一緒に来れないYUですが、こんな事態に何回か同席してますw

掃部ヶ岳山頂に到着。

先を急いだYUとも無事合流しました。

そして撮影会。

立ち位置の指示を出す、構図にうるさいマサ構図の助。

久々のYUは、いいカメラを買って早々レンズをひん曲げてしまったとかで、見たことないキャップ兼レンズで参戦。

構え方もめっきり様になってきた、お馴染みのキャメラマンしゅーへい。

撮ってもらったり。

互いを撮り合ったりw

途中、雪がチラついてきたり。

まさ構図の助の指示のもと立ち位置を決め、セルフタイマーで撮影。
暗っ!

帰りは別ルート。ずっと急坂でつま先が痛い。

途中でコーヒーブレイクしたかったのですが、良い場所が見つからず・・・

結局下まで下って、静かな湖畔の森の影の東屋で休憩。

 カップは十人十色だな。

あとは湖畔をタラタラ歩いて終了。

こうして、突然の群馬百名山ゆるゆるハイクを終了しました。
今度は早朝からきて、榛名山一周もしてみたいです。

先週で2017年ラストハイクだと思っていましたが、YUが音頭を取ってくれたおかげでもう一回山に来れました。
これでホントにラストハイクです。

また、2018年もよろしく頼むんだわー!